メインイメージ

共同で新しい企業

株式会社が共同で新しい企業を設立すること

共同で新しい企業大きな仕事やプロジェクトをするときにおいては、それに関連する会社が数多く関わるということがあります。それによって、各々の会社は利益を得るということが可能になる他に仕事に関する経験を蓄積させることができます。加えて、その蓄積された経験はその後の仕事において活用したりするための資料に変化させるということも可能です。加えて、途中でその目的のために新しい技術を編み出してそれをその後のビジネスに役立てるというケースも想定することができます。また、編み出された技術については特許として出願をしてライセンス料を得るための手段とするという手段もあります。

株式会社が共同で新たな企業を設立するケースを考えることができ、そしてそれは各々の会社にメリットを与えます。さらに、共同で設立した企業を通じてビジネスを行っていくということも検討することが可能となります。
株式会社がバス会社のときには、それぞれの事業者と共にとある企業を設置するパターンを考えることができます。それは、バスの予約などをするためのサイトを運営する会社であり次のようなスタイルを考えていきます。

株式会社となっているバス会社は、高速バスなどにおいて共同運行をする相手方と一緒に運営企業を設置します。そして運営企業においては、設置したバス会社の高速バスや夜行バスの切符の予約やそれに関連した業務を行っていきます。この企業が運営するサイトを使うときには、会員登録をしてもらうことにより利用ができるスタイルにしていきます。これによって、設立をしたバス事業者はこの企業を通じて、利用者の動向について調べることができます。

さらに、設立した運営企業に商標登録を申請させてライセンスによって発生するお金を稼ぐことができるようにします。そのようにすることによって、運営企業は別の収益を得ることができるというメリットを獲得します。このように、株式会社という形を採用しているバス会社は共同で作り上げるという事態を検討することができます。

なお、一緒に設立をすることによってバス事業者はそれぞれの出資比率を下げるということができます。例としては、バス事業者が二者においてはそれぞれ半分ずつ出資をするという選択肢が存在しています。すなわち、一緒に作ることによって通常ならばすべて負担するところを減らせることができるようになるということです。ゆえに、バス会社は相手となる事業者と一緒にサイト運営企業を作るというケースを熟考することができます。

Copyright© 2016 会社設立をするときの基準 All Rights Reserved.