メインイメージ

相模原市の道沿いに

相模原市の道路沿い戸建て購入で気をつけたいこと

神奈川県は横浜市や川崎市があり、住宅地としても非常に人気のあるところなのです。神奈川県のこうした市では、商業施設などが多く軒を並べた都会的なところ、緑や公園がたくさんあり自然を体感できるところが共存していて、子育てや老後に暮らすのに適していると考えられ非常に人気の高いエリアになっているのです。

横浜などは独特の文化、芸術が見られ子供の情操教育にもぴったりな環境と言えるでしょう。貿易港として栄えた横浜だけに、外国文化が今でも色濃く残り、異国情緒を感じられるのが横浜がおしゃれと言われる由縁なのでしょう。しかし横浜市というと全国的にも知名度が高く、ブランドバリューが高いエリアです。そのためどうしても地価が高いものなのです。

サラリーマンが横浜市に戸建て住宅を持つとなると、6000万円程度のローンを組まなくてはいけなくなるのです。

これでは折角憧れの地、横浜で戸建て住宅を購入できても生活自体が困窮し、非常に苦しい思いをしなければいけなくなるのです。家を買って生活が困窮するのでは本末転倒であり、もう少し生活にゆとりが出るくらいのローンを組まなければならないのです。こうした場合、横浜への拘りを捨てて、相模原市に戸建てを購入するのも一つの手です。

相模原市と横浜市は隣接しているので、いつでも車や電車で横浜に出ることができます。また相模原市は横浜市に比べて地価が安いので、サラリーマンでも無理なく戸建て住宅が購入できるようになるのです。

横浜市では決して庭付き戸建てなど買うことができなくても、相模原市で戸建てを買えば必ず広い庭が付いてくるのです。室内も広く、庭も広々としているだけで、心に余裕がでて生活にもゆとりを感じることができるようになるのです。

しかし幾ら土地単価が安いからと言って、何でも構わず飛びついて購入しないように気をつけたいものです。とくに相模原では国道なども多く、道路沿いの戸建ての購入には慎重な態度で臨まなければいけません。

道路沿いの戸建ては、その騒音や振動で目が覚めたり、排気ガスで洗濯物などが黒くなるなど問題も多いものです。できればこうした物件は避けたいものですが、どううしても道路沿いの戸建てを購入するのであれば二重サッシにしたり防音対策をしっかりして生活したいものです。

またその道路の様子も戸建て購入前にしっかりチェックしたいものです。深夜にトラックなどの往来が多い場合、睡眠を妨害される可能性もあるので、購入自体を再度検討することが必要なのです。

最近の投稿